広域林道 西彼杵半島線
も り
 県民の財産である森林を健全な状態に保つためには,適正な森林整備と木材利用などの循環資源の有効活用が必要です。このことは、農山村の生活環境整備や活性化、林業経営の効率化、森林文化の継承に繋がり、森林による環境の保全と森林からの収益確保のうえからも大変重要なことです。
 近年は、材価低迷による林業不振、林業従事者の減少が進んでいますが、これらに対抗し、森林への働きかけを行っていくためには、木材搬出コストの低廉化、森林作業の効率化を図る林内道路の整備が不可欠となっています。
 本会は、長崎県の地形・地質・森林生態系・森林整備手法等を熟知した経験豊富な技術力を有しており、各地域毎の森林の状態に適し自然環境に配慮した路網計画を追求すると共に、コスト縮減対策・木材活用工法開発等の研究により、最適の林道設計を行っています。
作 業 道
広域林道 多良岳横断線